難聴 治療法

Image Replacement

西洋医学では説明できない難聴の治療法

このサイトでは西洋医学では説明できない難聴の治療法を東洋医学の観点から、難聴を治療する方法をご紹介しております。難聴は東洋医学が一番良いと断定しているのではございません。一般的な西洋医学系の耳鼻科でも治療を受けて、なお東洋医学系の治療法も同時進行ですすめていったら、きっと難聴回復の期間が短くなるのではないかと思いましてご紹介させていただいております。

耳鼻科医が推奨する難聴治療法

manyuaru1.jpg

聴力を回復させる方法として耳鼻科医が推奨する方法には、「補聴器」「薬」「手術」という方法があります。

テレビ番組でも耳鼻咽喉科の先生が話されていましたが、特に加齢に関係しておこる聴力の衰えには補聴器の装着が一番効果があると言われていました。では何故、聴力が弱くなった場合に補聴器が効果的なのでしょうか?そして何故、人間は聴力を回復させるのでしょうか?

はじめに聴力は年を重ねるに連れて聞こえが悪くなっていきます。これを加齢性難聴といいますが、お年寄りの多くは自己回復能力が衰えています。薬を使用して聴力を回復させようにも体自体の回復力が衰えていますし、手術はさらに身体的なリスクを伴ってしまいます。そこで耳鼻科にかかると薦められるのが補聴器となるのです。加齢性の難聴を回復させるには補聴器が最も効果のある方法と言えるのです。

補聴器を使うか否かの選択は、難聴の原因がどの部分から発生しているか、また回復力が備わった体なのかの判断によって決められるのが良いのではないでしょうか。聞こえが悪くなったから全て補聴器に頼るというのは安易な判断になることもあるので注意が必要です。

また難聴になることで一番困ることはコミュニケーション力ですた。聴力が衰えると他人との会話が困難になります。相手の会話が理解できず、会話のキャッチボールができなくなってしまいます。その結果、コミュニケーションが嫌になり、やがて聴力の回復すら諦めてしまい引きこもる人や、うつ病になってしまう人もいます。

コミュニケーション一生必要なものです。人はコミュニケーションなしでは生きている価値すらわからなくなってしまいます。難聴者よりも重度の耳の聞こえない聾者(ろうしゃ)だって手話を使ってコミュニケーションをしますし、筆談でコミュニケーションをする場合もあります。人間は孤独になることが一番苦しいのです。だから難聴は安易に考えず、回復させる方法を探さなくてはいけないのです。

正直な話、聴力を回復させる方法は複数試していただいても良いのです。ただ忘れてはいけないのは、どうしたら他人とのコミュニケーションが上手くいくようにできるか方法を探し続けることなのです。「薬で聴力を回復させるでも良いでしょう」「リスクと費用はかかりますが手術という選択もあります」「補聴器も選択肢としては間違いではありません」聴力を回復させる方法は複数あります。

どのような方法でコミュニケーションができる状態にもっていけるかが肝心です。補聴器は自分のカラダの治癒能力や薬などの効果で回復している訳ではありませんから自己回復したことにはなりません。

「薬」「手術」「補聴器」今まではこの選択肢しかありませんでした。

しかし最近では聴力を自力で回復させる方法も上記以外の聴力を回復させる方法としてあります。